トップページ > センター試験は人生最初の自分への関門

センター試験は人生最初の自分への関門

"私にとってセンター試験は人生最初の自分への関門のような気がします。高校受験までは割りと周囲に合わせてレール上を歩んで普段の成績から自分の進学コースはそれなりに予想できました。しかしセンター試験の自分の成績は日常がいくらよくても、予想がつきません。基本的には落ちる方向ですが、稀に突然伸びる本番に強い人間だっています。ともかく日常の振る舞いだけでは測れない一発勝負のセンター試験は自分への最初の関門として意識していました。
このセンター試験への対抗方法は、何より自分に自信を持たせることです。勉強して模試でいい点を採ることで自信がつくなら、事前から勉強を進めるべきですし、願掛けが効果があるならケチケチせずに太宰府天満宮まで参ってくるなど自分の考え付く限り最大の自信を持たせるのです。
そうした自信を持つことではじめて自分の力をセンター本番で出しきれると思います。いくら勉強が普段できてもセンター試験で大失敗をやらかす人は私の回りではそういう自信のない人に多かったです。
"


関連の記事一覧
センター試験攻略!
センター試験の思い出
センター試験は人生最初の自分への関門
センター試験を臨むにあたって
センター試験の教訓
参考書などはたくさんある
参考書選びは相性が命!
資格勉強に関する参考書
大切なのは解説
参考書の目次を使った勉強法