トップページ > センター試験を臨むにあたって

センター試験を臨むにあたって

自身は高校時代と浪人してからの2回センター試験を受験した。正直高校時代の時もそれなりには勉強していたが、1教科の思わぬ失敗が響いて、他の科目も影響を受けてしまい、全体的に想定していた点数よりも下しかとれなかった。つまり本番で力が出せなかったのである。浪人時の2回目の受験の時は、2回目であるというちょっとした余裕と、多少失敗してしまっても国立大学志望だったので科目数が多く、他の教科で頑張ればカバーできると思うことで、多少の失敗をなんとか挽回するまではいかないものの、最低限守ることができた。また、思ったよりできが良かった時は、そのまま調子に乗ることも次の科目に臨むにあたって良い影響を及ぼすように思えた。これらのようにその試験のときの精神状態も、大きく試験結果に影響することが2回の試験で改めて分かったと思う。そのためには、事前の過ごし方や、あらゆる想定をしておくことで、多少なりそういった突然の事態に備えることができると思う。


関連の記事一覧
センター試験攻略!
センター試験の思い出
センター試験は人生最初の自分への関門
センター試験を臨むにあたって
センター試験の教訓
参考書などはたくさんある
参考書選びは相性が命!
資格勉強に関する参考書
大切なのは解説
参考書の目次を使った勉強法