トップページ > センター試験の教訓

センター試験の教訓

自身はとある地方国立大学が第一志望だったので、センター試験を受験した。浪人して2回受験したのだが、初めて受けたのは高校3年生の時である。そのときは、模試でも大体は志望しているところはA判定ばっかりだったので、大丈夫だという自信は少なからずあった。しかしセンター試験は2日あって、初日の教科でいきなり大失敗をしてしまう。その影響で妙に焦ってしまい、結局模試を考えるといつもよりずっと低い点数を取ってしまった。結局その年は志望度が低い地元の私立大学しか受からず、国立大学に行きたかったのと、悔しかったのもあって大学進学を断念することとなった。このように、模試などでは良い点数が取れていても、本番では何が起こるかわからないのが実際の試験の怖いところだと改めて実感した。せめて、初日の失敗を切り替えることが出来たなら、まだ可能性もあったかもしれない。国立大学の受験は教科数が多いので、一教科の失敗は他の教科でカバーできることもある。実際の試験では、そういった考え方を持つことが、失敗をいかに減らせるかのカギになってくると思うので、これから受験する人は気をつけてほしい。


関連の記事一覧
センター試験攻略!
センター試験の思い出
センター試験は人生最初の自分への関門
センター試験を臨むにあたって
センター試験の教訓
参考書などはたくさんある
参考書選びは相性が命!
資格勉強に関する参考書
大切なのは解説
参考書の目次を使った勉強法