トップページ > 資格勉強に関する参考書

資格勉強に関する参考書

"今回は分厚い参考書を買う場合に注意すべきことについて書いていきたいと思います。
まず受験勉強において必ず使うと思われる辞書的な役割を果たす参考書を買う必要があります。この場合、あまりにもページ数が少なすぎると内容が伴わず全く辞書としての役割を果たさなくなってしまいます。
そこで、まずページ数が周りよりも多いものを優先的に見ていきます。
次に、パラパラと中をめくってみてみます。参考書の中には「読めればいい」というスタンスの物もあるのですが、それでは勉強の役に立ちません。なぜなら、勉強するときには「今、どの分野の勉強をしているのか」という点について常に意識する必要があるからです。
そこで、「見出し」や「タイトル」が本文よりも大きなフォントで表されていたり、違うフォントになっていたり、色が変えられていたり、自分にとって見やすい見出しになっているかをチェックすべきだと思います。これによって自分にとって見やすい且つわかりやすい参考書を選ぶことができると思います。(できれば2色刷だと余計に見やすくなります)
そして最後に「索引」に掲載されている用語が多いかどうかをチェックして下さい。辞書的な役割を果たす参考書を買う以上、目次からわからないところを探すのもいいのですが、索引が充実しているとそこから一瞬で探し当てることができます。また、復習の時には索引を読んでその用語についての説明ができるようになれば受験で必要とされている知識はほぼ網羅したといえるでしょう。このような意味でも索引は重要な役割を果たしてくれています。
以上のような点について気をつけて探せば、きっと自分にあった参考書を見つけることができるでしょう。"


関連の記事一覧
センター試験攻略!
センター試験の思い出
センター試験は人生最初の自分への関門
センター試験を臨むにあたって
センター試験の教訓
参考書などはたくさんある
参考書選びは相性が命!
資格勉強に関する参考書
大切なのは解説
参考書の目次を使った勉強法